/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

金を使った超微細グリッドが、タッチスクリーンの反応性を進化させる

で、タッチスクリーンってどういう仕組みなんだっけ? 何回聞いても忘れてしまいますね... 一般的なタッチスクリーンはほぼ透明に近い電気回路がグリッド状に重なっており、どこが触られているか感知することができます。この度、超微細な3Dプリンター技術によって更に透明度の高い、より繊細なタッチスクリーンが可能になったとのことです。 チューリッヒにあるスイス連邦工科大学は、現在のタッチスクリーンに使用されている回路に取って代わる超微細な伝導体のグリッドを、3Dプリンターを使って作成する新たな方法を開発しました。ナノドリップと呼ばれるこの技術は電気流体力学(EHD)ジェット印刷によってグリッド状にインクを沈着させ、伝 ...

2016/01/22 | Gizmodo Japan

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

Gizmodo Japan
Gizmodo Japan
ガジェットをはじめ最新のコンピュータ関連情報のほか、得たいの知れないヘンなものなどを紹介するテクノロジー情報ブログ。著名ブロガーが日々、情報を発信している。
より詳しくは http://www.gizmodo.jp/