/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

東芝4~6月期、黒字転換--構造改革で固定費削減、効果が顕在化

 東芝の2016年度第1四半期(2016年4~6月)の連結業績(米国会計基準)は、売上高が前年同期比1.9%減の1兆2074億円、営業利益は前年の65億円の赤字から200億円の黒字に転換。税引前利益は124億円の赤字から71億円の黒字に、当期純利益は前年の122億円の赤字から798億円の黒字となった。  代表執行役専務の平田政善氏は「2016年度第1四半期は、メモリの需要が強く売価下落傾向が鈍化。第1四半期の業績は予想を上回っている。売上高は、WEC(Westinghouse Electric Company)の建設子会社の新規連結化やハードディスクの販売台数が大きく伸びて増収とあった。だが、700億円にのぼる円高による影響、構造改革によるパソコンとテレビ事業の規模 ...

2016/08/16 | CNET Japan

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

CNET Japan
CNET Japan
 シーネットネットワークスジャパン株式会社が運営するIT、ビジネスニュースを発信しているWebサイト。  最新情報はもとより、特集やブログなどさまざまな切り口の読み物も充実している。  会員になると、コメント投稿やメールマガジンの配信を受けられる。また、審査に合格するとブログ執筆者になることができる。
より詳しくは http://japan.cnet.com/