/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

損失は約2400億円:MRJ開発遅れ、大型客船撤退――三菱重工業に何が起きているのか (1/3)

三菱重工が過去10年間に計上した特別損失は、年平均で600億円に達する。大型客船の納入が1年後にずれ込んだほか、MRJの開発遅れにより初号機引き渡しの延期の可能性も。  同社が米カーニバル傘下の独アイーダ・クルーズから、総トン数が10万トンを超える大型客船2隻を受注したのは2011年。15年3月には1隻目を引き渡す予定だったが、顧客の要望を満たせず、何度も設計図を書き直させられたうえ、工事のやり直しが頻発。納入は1年後にずれ込んだ。  現在までに計上した損失は約2400億円と、約1000億円といわれる受注額をはるかに上回る。利幅の大きい大型客船を手掛けることで、収益低迷にあえぐ造船事業を浮上させるもくろみは、もろくも崩れ去 ...

2016/11/09 | ITmedia

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

ITmedia
ITmedia
 アイティメディア株式会社が運営するITビジネスニュースサイト。専門記者・編集者による専門性の高いコンテンツを提供している。  IT分野に精通した読者らが実名でビジネス情報発信をしている「オルタナティブ・ブログ」やポッドキャストもある。  会員になるとメールマガジン購読や会議室の利用などができるようになる。
より詳しくは http://www.itmedia.co.jp/