/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

2万個の宇宙ゴミが地球を覆う 人類初の人工衛星から現在までのスペースデブリが1分間でわかる動画が公開 - Engadget 日本版

 ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの天文学者スチュアート・グレイが、1957年のスプートニクの軌道投入以降、現在までのあいだに宇宙にばらまかれた人工物のようすを1分間の動画にまとめ、公開しました。 人類初の人工衛星スプートニクは、ソビエト連邦(現在のロシア)が打ち上げた直径58.5cmのボール状で、パルス状の電波を発するだけのものでした。それでもこの打ち上げ成功は米国をはじめ世界に大きな衝撃を与え、以降の米ソによる宇宙開発競争のきっかけとなりました。スプートニクは打ち上げから92日後には大気圏に再突入して焼滅したものの、打ち上げ時のロケットの一部はそのまま宇宙にとどまりました。これ以降、現在までに打ち上げ ...

2016/11/15 | Engadget Japanese

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

Engadget Japanese
Engadget Japanese
ガジェット系専門のニュースブログ「Engadget」の日本語版。翻訳だけにとどまらず、日本語版独自に分かりやすい記事を配信している。
より詳しくは http://japanese.engadget.com/