/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

外務省が推進する「対日理解促進交流プログラム」に採択 工学院大学附属高校の生徒たちが東ティモールへ派遣

工学院大学附属高等学校(校長:平方 邦行、所在地:東京都八王子市)では、日本政府(外務省)が推進する対日理解促進交流プログラム(JENESYS2016)に採択されたことを受け、20名の生徒たちが2017年1月末から10日間、21世紀最初の独立国である東ティモール民主共和国に派遣されることが決定しました。 グループごとにプレゼンの内容を発表する様子 JENESYS2016は、一般財団法人 日本国際協力センターが実施するアジア大洋州の各国・地域を対象とした事業です。これは、工学院大学附属高等学校が推進する21世紀型教育の一環で、実践型の教育プロジェクトを通して、社会が抱える問題の解決に挑むプログラムの一つとして参加するものです。 本プログラム ...

2017/01/11 | @Press

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

@Press
@Press
 プレスリリースサイト。企業の新製品や新サービス、イベントやキャンペーンの告知など企業が発表したニュースを配信している。また配信代行業務も行っている。
より詳しくは http://www.atpress.ne.jp/