/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

米国版おくりびと? 創造的な火葬ビジネスの広がり

キリスト教徒が約78%の米国では、全米でみると現在も約7割が土葬の習慣に従っている。ただしプロテスタントでは、合理的、衛生的な処理として「火葬」も受け入れられており、ハワイの66%をトップに、ネバダ、ワシントン、オレゴン、アリゾナ、カリフォルニアなどでは50%以上が火葬を選んでいる。そしてこの不況によって、火葬を選ぶ傾向に拍車がかかりつつある。というのも、一般的には火葬費用の方が安いためだ。 葬儀業協会の統計によれば、2006年の葬儀費用は平均で6195ドル(埋葬費用を除く)だったが、棺の値段は1000ドルから高いものでは2万ドル以上と幅があるため、ちょっと高価な棺を選び、埋葬費用を計算にいれれば、総費用は軽く1万 ...

2017/02/03 | MediaSabor

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

MediaSabor
MediaSabor
株式会社メディアサボールが運営するプロフェッショナルなブログネットワークメディア。ジャーナリスト、経営者、大学教授らがビジネスや政治、ライフスタイルなどをテーマに執筆。RSS配信。メールマガジンの発行も行っている。
より詳しくは http://mediasabor.jp