/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

仕事はどこに? 教育改革に踊らされる英国の大卒者

■大学進学率上昇のカラクリ 1992年の教育改革まで、英国の「大学」は学問を究めるための公共機関として存在し、技術や工芸など、仕事に必要な職能を学ぶ専門学校は主にポリテクニックと呼ばれていた。今では全て「大学」という名に統一され、学位の取れる課目は哲学からメークアップにまで広がっている。そのお陰で大学卒業者の数は増え続け、イギリスはEU諸国中でもっとも高等教育が普及した国の一つになった。政府は「大学進学率を水増しするために専門学校の格上げをしただけ」という批判をよそに、学位=高等教育こそは失業率解消のカギを握ると主張し続けている。 ■借金抱えて職探し その主張が試されたのは、昨年の金融危機以降だった。新 ...

2017/02/03 | MediaSabor

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

MediaSabor
MediaSabor
株式会社メディアサボールが運営するプロフェッショナルなブログネットワークメディア。ジャーナリスト、経営者、大学教授らがビジネスや政治、ライフスタイルなどをテーマに執筆。RSS配信。メールマガジンの発行も行っている。
より詳しくは http://mediasabor.jp