/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

日立金属ネオマテリアル、EVの航続距離を伸ばす高容量リチウムイオン電池用集電箔を開発

日立金属ネオマテリアルは、EVやPHVの航続距離を伸ばす高容量リチウムイオン電池用クラッド集電箔を開発したと発表しました。 新開発のクラッド集電箔は、すでに公的研究機関や電池メーカーでテストされており、良好な電池特性が得られているということです。同社では、2019 年ごろの量産を予定しており、今後車載リチウムイオン電池の容量が増大することが期待できます。 リチウムイオン電池は、正極と負極の間に絶縁用のセパレーターを挟み込んだ構造になっています。ここでリチウムイオン電池を高容量化するひとつの手段として、負極の負極活物質を従来の炭素系材料から充放電容量の大きなケイ素(Si)などの合金系材料に変更することが試みら ...

2017/02/04 | clicccar

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

clicccar
clicccar
ただのニュースじゃつまらない人のカーブログメディア
より詳しくは http://clicccar.com/