/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

距離複合、石田が日本勢最高3位/スキーW杯

 【平昌共同】2018年平昌冬季五輪のテスト大会を兼ねたノルディックスキーのワールドカップ(W杯)は4日、平昌で行われ、クラシカル走法とフリー走法で半分ずつ滑る距離複合の女子(15キロ)で石田正子(JR北海道)が45分9秒5で距離の日本勢過去最高に並ぶ3位に入った。  36歳の石田は09年3月に30キロクラシカルで3位となって以来自身2度目の表彰台で、距離複合では日本勢初。小林由貴(岐阜日野自動車)は10位、大林千沙(マズシャスジャパン)は18位。女子のW杯距離個人総合上位選手は出場していない。 ...

2017/02/04 | 四国新聞

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

四国新聞
四国新聞
より詳しくは http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/list.aspx