/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

世界初 LAMP法による根こぶ病菌密度測定サービスを2月から開始 栽培前に発病ポテンシャルを診断し適切な薬剤使用へ貢献

 東京大学と連携して植物病院を展開するベジタリア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小池 聡)は、遺伝子検査・診断向けオリゴヌクレオチドなどの製造を行う株式会社ニッポンジーン マテリアル(本社:富山県富山市、社長:米田 祐康)と共同で、世界で初めて、遺伝子検査(LAMP法)による根こぶ病菌密度測定サービスを今年2月から開始いたします。 根こぶ病 参考画像 ■根こぶ病に対する農家の現状  土壌病害であるアブラナ科野菜の根こぶ病は、植物の根に「こぶ」を形成し、根からの養分吸収を阻害し萎凋させることで減収させてしまい、その病原菌は土壌中に休眠胞子という耐久体の胞子で存在し、野菜が栽培されると発芽して感染し ...

2017/02/06 | @Press

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

@Press
@Press
 プレスリリースサイト。企業の新製品や新サービス、イベントやキャンペーンの告知など企業が発表したニュースを配信している。また配信代行業務も行っている。
より詳しくは http://www.atpress.ne.jp/