/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

旭化成は通期の業績見通し増額など好感され後場高値に迫る

■通期の予想営業利益は従来比6%引き上げて1530億円に見直す 旭化成<3407>(東1)は7日の13時に第3四半期の連結決算(2016年4~12月)を発表し、3月通期の業績見通しを全体に増額修正。営業利益の見通しは従来の1450億円を6%引き上げて1530億円に見直した。株価は発表後に急動意となり、それまでの1035円(5.5円高)前後から1070.0円(40.5円高)まで上げて1月27日につけた昨年来の高値1099.5円に迫った。 発表によると、4~12月は、10月頃まで続いた円高の影響に加え、医薬事業において薬価改定の影響を受けたことや、エレクトロニクス事業でPolypore買収に伴うのれん償却費等を計上したことなどから、売上高は前年同期比6.3%減少して1兆3568億円となり ...

2017/02/07 | 財経新聞

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

財経新聞
財経新聞
最新の経済ニュースとベンチャー・中小企業の経営をサポートするビジネス情報を配信中
より詳しくは http://www.zaikei.co.jp/