/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

東証業種別ランキング:その他製品が下落率トップ、任天堂下落のインパクト大(訂正)

*16:41JST 東証業種別ランキング:その他製品が下落率トップ、任天堂下落のインパクト大(訂正) 下記のとおり修正します。 (誤) (正)その他製品が下落率トップ。1ドル111円台の円高が嫌気されるなか、任天堂<7974>が2%を超える下落となったインパクトが大きい。鉱業は原油相場の下げが嫌気されたようだ。輸送用機器が昨夕に決算を発表したトヨタ<7203>が終日冴えない展開となり、センチメントを悪化させた。その他、保険、小売、サービス、食料品、繊維、パルプ紙が冴えない。一方で水産農林、空運、不動産、その他金融、電力ガス、非鉄金属がしっかり。 業種名/現在値/前日比(%) 1. 水産・農林業 / 524.81 / 0.78 2. 空運業 / 280 ...

2017/02/07 | 財経新聞

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

財経新聞
財経新聞
最新の経済ニュースとベンチャー・中小企業の経営をサポートするビジネス情報を配信中
より詳しくは http://www.zaikei.co.jp/