/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

喫煙者のみに効く薬とは- 【あなたの健康百科】

 若い人に多い「クローン病」は、腹痛や下痢、血便、体重の減少などを伴う難病だ。英国ナインウェル病院をはじめとする研究グループは、このたび、クローン病の手術後の再発には喫煙が関係し、治療に使われる「メルカプトプリン」という薬による術後の再発予防効果は、喫煙習慣がある患者だけに認められるとした研究結果を報告した。詳細は、12月に発行された医学誌「The lancet. Gastroenterology & hepatology」(2016; 1: 273-282)に掲載されている。喫煙患者では、メルカプトプリン投与で再発リスクが低下 クローン病は、10~20歳代の若い人に多く発症し、日本で増加中だ。小腸と大腸を中心に、口腔から肛門に至る消化管のいずれかに炎症 ...

2017/02/07 | 医療介護CBニュース

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

医療介護CBニュース
医療介護CBニュース
キャリアブレイン専属記者による、独自取材の記事を配信している。政府・厚生労働省の動向やオピニオンリーダーの発言など医療・介護従事者の知りたい情報を公開中。
より詳しくは http://www.cabrain.net/news/