/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

伊東15位、葛西は32位/男子LH、クラフト2冠

 【ラハティ(フィンランド)共同】ノルディックスキーの世界選手権第8日は2日、フィンランドのラハティで行われ、ジャンプ男子ラージヒル(ヒルサイズ=HS130メートル)で日本勢は伊東大貴が122メートル、120メートルの合計248・7点で15位となったのが最高だった。竹内択は122メートル、121メートルの244・8点で17位。  23歳のシュテファン・クラフト(オーストリア)が2回とも127・5メートルを飛び、279・3点でノーマルヒルに続いて優勝、14年ぶりの個人2冠を達成した。  44歳の葛西紀明は、2回目に進めず32位、作山憲斗は50位に終わった。 ...

2017/03/04 | 四国新聞

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

四国新聞
四国新聞
より詳しくは http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/list.aspx