/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

レブラミド(レナリドミド)が初発多発性骨髄腫患者の自家幹細胞移植後の維持療法を目的とした単剤療法として欧州委員会より承認される

レブラミド経口剤は多発性骨髄腫での自家幹細胞移植後の維持療法としての使用が欧州で承認された医薬品として初にして唯一の存在 新しい適応により、多発性骨髄腫の連続的過程を通じてレブラミドの利用が可能に スイス・ブードリー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- セルジーン・コーポレーション(NASDAQ: CELG)完全子会社のセルジーン・インターナショナルは本日、自家幹細胞移植(ASCT)を受けた初発多発性骨髄腫の成人患者における維持療法のための単剤療法としてのレブラミド(レナリドミド)を欧州委員会(EC)が承認したと発表しました。レブラミドはこれら患者が利用できる承認済み維持療法薬として初にして唯一の存在となりま ...

2017/03/03 | ビジネスワイヤ

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

ビジネスワイヤ
ビジネスワイヤ
グローバルレベルで展開するニュースワイヤのビジネスワイヤが運営するサイト。 国内外の大手通信社60社以上と提携し、世界各国の企業から発信されるニュースリリースを配信している。
より詳しくは http://www.businesswire.jp/portal/site/jp/