/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

楽天は訪問活動継続 11日、丸亀でオープン戦 プロ野球

 プロ野球楽天は、東日本大震災で被災した宮城県に本拠地を置くチームとして復興支援を続けている。小中学生の試合への招待や、選手の訪問活動が主な取り組みだ。発生から6年を迎える11日は、丸亀市金倉町の四国Cスタ丸亀で昨季日本一に輝いた日本ハムとのオープン戦に臨む。  仙台市出身の岸孝之選手(32)は西武からフリーエージェントとなり、今季から故郷に戻ることを選んだ。「僕が投げることを喜んでくれる人も少しはいると思う」と被災地のチームでプレーすることについて話す。嶋基宏選手(32)は昨年12月、松井裕樹選手(21)を伴って宮城県南三陸町で野球教室を開き「こういう機会を増やしていきたい」と語った。  球団は新人教育の ...

2017/03/12 | 四国新聞

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

四国新聞
四国新聞
より詳しくは http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/list.aspx