/

mediajam メディアジャム -βバージョン

▼ニュースを検索する

フィギュア、男子SPは宇野首位/田中が2位、無良3位

 フィギュアスケートの平昌冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権第2日は22日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、代表3枠を争う男子はショートプログラム(SP)で2連覇を目指す宇野昌磨がフリップ、トーループの2種類の4回転ジャンプを着氷し、96・83点で首位発進した。  昨年2位の田中刑事が91・34点で2位、無良崇人が85・53点で3位、村上大介が80・99点で4位。2014年ソチ五輪王者の羽生結弦は右足首故障で欠場した。  代表1枠を競うアイスダンスはショートダンス(SD)で3連覇が懸かる村元哉中、クリス・リード組がトップに立った。 ...

2017/12/23 | 四国新聞

タグ


関連記事

関連記事はありません。


このニュース・メディアについてもっと詳しく!!

四国新聞
四国新聞
より詳しくは http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/list.aspx